楽器の持ち方と姿勢

楽器の持ち方と姿勢

それでは、練習をする前に必要な事を説明させていただきます。

足の構え

左足を少し前にだして肩幅と同じくらいに両足を構えます。体を動かす時は左足が軸になります。座る時も立ち上がる時にすぐこの足の構えに戻れるように腰を椅子におろしてください。

楽器の持ち方

左肩に本体をのせて顎あてに左顎をのせます。ふらふらしてしまう場合は本体の位置を少しずらしてどこが固定されるか確かめてみましょう。

肩当てを外して位置を変えてみても肩にフィットして持ちやすくなったりします。左肩に力が入ってしまうと左手にも力が入ってしまうため慣れてきたら力をぬいて持てるようにしていきます。楽器は床と水平になるのが理想です。ネックは目線から指が見える場所までもっていきます。

慣れてきたら楽器のエンドピンは首につけた方が音が良く響きます。痛い場合は慣れるまでタオルなどを首にあてて練習してみましょう。

姿勢

棒が一本入っているようにまっすぐに立ちます。猫背になってしまうと本体も下がってしまい音が響かなくなってしまいます。
立ち方に慣れてきたら力を抜いてリラックスした状態で楽器が持てるのがベストです。

弓の持ち方

親指と薬指と中指で狐の形を作ります。親指を毛とさおの間の一番下に置きます。中指と薬指はさおの親指の上あたりに置き、狐の形になるように弓に置きます。

中指は親指の上にくるようにします。人差し指の第二関節を銀色の部分に置きます。小指はわくの上のさおにのせます。指は弓先の方へ全体的に傾けます。

肩当て

肩当てはヴァイオリンの本体を裏返してはめます。右側に太い方を装着したら細い方を逆側に下からずらしてはめてみましょう。色んなタイプの肩当てがありますが、本番の時に外れにくいのと高さが調節しやすいので kun をおすすめいたします。

肩当てを一番高い高さにしてもネックが下がってしまう時はスカーフかタオルなどを巻いてみると良いです。

チューニング

チューニングは442ヘルツにあわせてください。 A のラの弦。右から二番目をはじめに合わせます。オーケストラもラの音から合わせていきます。ペグを上に回すと音程が高くなり、下に回すと音程が下がります。初めはアジャスターを4本の弦に付けるのがおすすめです。

チューニングをすることになれてきましたら E 線だけ残して他の弦は全て外してしまいましょう。

ペグはネックに押し付けてねじ込ませるように動かします。はじめは慣れるまで弦をはじいて音を出して合わせましょう。音が合ってきたらレの線。左から2番目をあわせていきます。

次に1一番左のソの G 線をあわせ、最後に一番右の E 線を合わせましょう。ペグの方が音が一気に変わりやすいので少しずつ動かしましょう。アジャスターとペグを両方つかえると便利です。

ヴァイオリンを練習する時に必要な物

譜面台とチューナーとメトロノームを用意してください。メトロノームやチューナーはアプリもあります。メトロノームをアプリのものを使われる方は練習される時に分かる音量までスピーカーに繋ぐなどをして上げてください。

外で練習をされたり演奏される方は小型の機械のメトロノームとチューナーが一緒になっているものを用意されると持ち運びに便利です。
また楽譜の音がとれると良いのでピアノがなければ代わりの鍵盤楽器を用意されて下さい。いずれ音域が広がってきますので88鍵あるのが理想的です。

練習する時に鏡で全身を見れるととても良いです。もし大きな鏡がなければ台の上に置いたり壁に貼るなど、上半身が映るようにして下さい。もしガラスなどに上半身が映りましたらそれでも大丈夫です。

駒と指板の間を平行に弓が動いているかと肩を特に見たいので映るか確認してみて下さい。楽譜に書き込む筆記用具は、あとが残りにくいので消えるペンが便利です。鉛筆の場合は2Bで書きましょう。それと、弱音器も用意されると良いです。いずれ曲によって使う場合があります。また家が防音でない場合やマンションでの練習の時に役立ちます

弦はヴィジョンかドミナントが音が定まりやすいので初心者の方にはおすすめします
弦が劣化すると音が鳴らなくなってしまうので3ヶ月から半年に1度弦を交換できると理想的です。本番前は弦がなじむまで時間がかかるので一週間は空けましょう。

弦を張り替えたら音が安定するまでチューニングをまめにして下さい。

毛替えと松脂

弓の毛は馬の尻尾の毛になります。毛は消耗するので弓の張替えを半年に1回くらいの割合でされると理想的です。
弓の張替え後は音を鳴らす事ができません。松脂を塗ると弦に弓を置いた時に摩擦が生じて音がでます。弾いている時に白い松脂の粉が舞ってしまう時は塗りすぎになります。弓の毛をタオルなどで拭き取ると毛が傷んでしまうので弾きながら粉が落ち着くまで何も塗らないでいて下さい。

投稿者: 松尾 沙樹

桐朋学園大学演奏学科ヴァイオリン専攻卒業。国際芸術連盟第7回JIRA全日本音楽コンクール第3位入賞、第32回国際芸術連盟新人オーディション審査員特別賞 奨励賞受賞、第20回TIAAクラシックオーディション最優秀賞受賞。F・アゴスティーニ〔イムジチ第1奏者〕マスタークラス合格、佐藤卓史指揮 ビバルディ四季 ソロをつとめる。子供~大人年齢を問わず人気の講師。